柴犬

柴犬について

柴犬

 

柴犬は日本原産の日本犬です。
古くから日本の山岳地帯で狩猟犬として活躍していた犬で、1936年に日本の天然記念物にも認定されています。
日本特有の住宅環境になじむように適応し、日本人と共に生活してきたという点が、日本犬である柴犬の最大の特徴と言えるでしょう。

 

柴犬の歴史

柴犬の歴史は古く、縄文時代の遺跡から柴犬の祖先と考えられる小型の犬の骨が見つかっています。昔から本州各地で飼育されており、鳥やウサギなどの小動物の狩猟、およびそれに伴う諸作業に用いられてきた犬であるといわれています。
しかし、第二次世界大戦後の食糧難の時代、その後犬ジステンパーが流行(1952年〉したことによって頭数が激減してしまいました。
現在大多数を占めている柴犬は、各地の柴犬の交雑であるといわれています。

 

元々柴犬は長野県の「信州柴」、岐阜県の「美濃柴」、本州山陰地方の「山陰柴」の3種類のタイプが存在していました。
現在の柴犬の原点は、昭和初期で行われた柴犬保存運動の中で、島根産の“石号”と四国産の“コロ号”を交配して作られた“アカ号”の子孫が長野県へ移入・繁殖されたものであるとされており、その際に各地の名を冠していた柴犬の特徴は失われました。
その為、天然記念物に指定された際には7犬種(紀州犬・四国犬・北海道犬・甲斐犬・秋田犬)の中で、柴犬のみが地方名を冠していません。
その後も柴犬は日本で各地に分布していたため、地方ごとに特徴のある個体がいると言われています。
明治以降の日本には様々な洋犬が輸入されて在来種との交雑が進みましたが、古くからの日本犬の特徴としては「立耳・立った巻尾・長い鼻」です。

 

柴犬の名前

名前の由来には様々な説があります。
毛の色が、枯れた芝の様な赤色だから…という説や、柴草をかきわけて獲物を追うことが得意だから…という説、「小さい」を意味する古い言葉に由来するという説などがあります。

 

柴犬の性格

柴犬は昔から日本の家屋で番犬や猟犬として飼われていたこともあり、主人や家族に対して忠実で深い服従心をもちます。大胆でありながら沈着で、かつ冷静な判断力を持つ犬です。小型の愛玩犬や洋犬には見られない自立心や他人と距離を置いて接する行動が見られます。規律に沿った行動を好む反面、普段の流れから外れた時には少し戸惑い、怖がる一面もあります。
専門家の中では「良い意味でも悪い意味でもとても日本人的な犬」であるとされています。

 

柴犬を迎えるにあたっての注意点

・主人にとても忠実である一方、洋犬のような誰にでもフレンドリーな性格ではない。
・規律を好む性格であるので、比較的しつけが入りやすい。しかし規律を外れた、いつもと違った事が苦手。その為、突発的な行動を行う子供は特に苦手。
・番犬基質で自立心があり、一人で行動するのが好きなので、留守番なども向いている。その為、ベタベタしたい飼い主には向いていない。

 

柴犬は性格に犬種特徴が出やすい犬種です。

近年の柴犬ブームで、可愛い見た目から人懐っこい小型犬を想像して飼育し始める方が多いのですが、もともとあまりベタベタしたがらない基質なので問題行動(噛む、吠える、唸る)につながってしまう個体がとても多いのが実状です。
保健所などではブームになったチワワやプードルなどの搬入も多いですが、
柴犬などの日本犬も合わない・飼育し辛いという一面があるので昔から多く持ち込まれ、処分されてしまっています。
また生後早くに親から離してしまうと、これらの問題行動が起こる危険性が高まり、更に常同障害などになってしまう可能性が高いとされています。
きちんと犬種の特性をわかったうえで、よい飼育・ブリーディング環境のところから柴犬を迎えることをお勧めします。

 

近年、海外(特にアメリカ)で柴犬の人気がとても高まっています。

無駄吠えが少ない事やお尻周りの毛があまり伸びずお尻の始末が良い事、しつけが入りやすく忠実である事などにより、室内で飼育しやすい犬の上位にランクされています。またバセンジーと並んで“吠えない犬“と紹介される例もあるようです。
海外ではブリーダーの規制も厳しく、更にしつけや地域の理解も深いので、問題行動に繋がるケースが少ないのではないかと考えられます。

 

柴犬の体型・特徴

柴犬は、体高より体長がやや長く、比較的コンパクトな体型をしています。
ピンと立った耳、厚くしっかりとした被毛、強健な体、立って巻いた尻尾という特徴を持っています。
被毛は、硬くて直毛の上毛と柔らかい下毛の二層構造で、身体を外界の環境から守り、いつも活発に動き回ることができます。
体毛の色は、赤、胡麻、黒胡麻、赤胡麻、黒褐色などがあります。

 

柴犬の飼育

・屋外では活発に動き回ります。毎日1時間程お散歩をするなど十分な運動をさせていれば、室内できちんと落ち着いて過ごしてくれます。留守番も好きな犬種です。元々猟犬であり、しつけもしやすいのでアジリティーなどにもおすすめです。
・硬い短毛のため、手入れは比較的楽です。硬めのブラシで、毎日ブラッシングするのが良いでしょう。ただし換毛期は、直毛の下にあるふわふわのアンダーコート、死毛を取り除くため、入念なブラッシングが必要です。死毛を残してしまうと毛玉や皮膚病の原因になってしまいます。室内飼いであれば、極端に死毛が溜まることはないと思いますがブラッシングは愛犬との良いコミュニケーションにもなるので行ってあげてください。
・入浴は、換毛期には入念にブラッシングをした後に月1回程度。ブラッシングをしてからお風呂に入れないと死毛が絡まって更に毛玉の原因になります。
通常時は体臭が気になるときや、被毛がベタついたときのみで十分です。
入浴後は、しっかりと毛の根元までドライヤーで乾かす必要があります。表面が乾いていても根元が濡れていることで、生乾き臭がしたり痒みが出たりしてしまいます。特に、柴犬はお尻や尻尾の付け根あたりの毛が密集しておりモコモコなので、しっかりと乾かしてあげることが必須です。
・柴犬は犬の中では屈指のキレイ好きです。自分の周りを排泄物などで汚すことは滅多になく、トイレのしつけもしやすい犬種であるといえます。
・柴犬は室内でも室外でも飼育できる犬種です。雨や風をしのげる、小屋やスペースを用意してあげれば屋外でも過ごすことが出来ます。しかし、近年の日本は夏場は40℃近くまで気温が上がったり、コンクリートの照り返しなどによってかなりの高温になります。
その為、クーラーや気温調節が出来る部屋に自由に出入りできる状態でない限り、近年の日本の環境を考えると室内飼いが理想的です。

 

柴犬の健康上の注意点

活動的な犬種であるので、多くの運動量が必要です。
運動の質や量は、犬の年齢や活動性、飼い主の飼育方法などによって違います。
半年〜4歳くらいまでは特に疲れ知らずの体力であるので、十分な運動をさせてあげる事が犬のストレス発散にもなります。留守番の際にもおもちゃを与えておくことで一人遊びもしてくれます。ストレスが溜まると、自分の手足を舐め続けたり、尻尾を追いかけて回ったり、そのうち常同障害という病気に繋がることもあるので、適度なストレス発散は必要です。柴犬は犬種的にも規律を好み神経質な一面があるので、ストレスが溜まりやすいとも言えます。
健康を維持するためには、バランスのとれた食事を与えることも大切です。
総合栄養食と明記されたドッグフードであれば、ドッグフードのみできちんと栄養は摂取できます。ドッグフードは様々な種類があります。その子の好み、生活スタイル(室内飼いか、避妊去勢済みか、年齢や現在の体型)によって選んであげましょう。
フードの量は、フードの袋に体重別で一日量が明記されているので、体重によって量を変えていきましょう。ご飯は一歳までは一日三回、一歳以降は一日二回でも大丈夫です。一日量を分けてあげましょう。回数を増やした方が、胃腸への負担が少ないです。
メーカーや量などがよくわからない場合は、かかりつけの動物病院でおススメを聞いてみる事をお勧めします。
今までのフードと切り替える場合は、以前のフードに少しづつ新しいフードを混ぜていくことをお勧めします。柴犬は今までとの違いに敏感な犬種です。新しいフードは警戒して食べない場合もあるので、少しづつ慣らしましょう。

 

柴犬の気をつけたい病気

皮膚疾患

柴犬は被毛が分厚く、換毛期には直毛の下にあるアンダーコートが死毛として抜け落ちます。きちんとブラッシングでといてあげないと、皮膚がじめじめしてしまったり汚れが溜まる事になり、皮膚疾患の原因になってしまいます。
その為ブラッシングを行い、定期的にお風呂に入れ、しっかりと乾かしてあげる事が重要です。

 

膝蓋骨脱臼(パテラ)

小型犬に多いのが、膝蓋骨脱臼です。この疾患は、膝蓋骨のハマる溝が生まれつき浅い為に、膝蓋骨が脱臼しやすい疾患です。本来柴犬は猟犬なので足腰丈夫に出来ているはずですが、近年のあまり良くないブリーディングによりこの疾患の柴犬も多くなってきました。
軽度であれば、あれ?足をケンケンしているな…と思っても、数歩歩くうちにまた元の位置に膝蓋骨がはまってくれて、歩き方は何もなかったように元通りになります。
しかし中程度〜重度であると手で軽く触っただけで膝蓋骨が外れ、痛みをともなったり、元に戻らなかったりします。重度の場合は手術が必要です。膝蓋骨のハマる溝部分を深くなるように削る手術になります。

 

股関節形成不全

股関節形成不全も、膝蓋骨脱臼のように先天的な疾患です。股関節形成不全も重症度によって手術が必要な疾患です。大腿骨が骨盤にはまるところ、大腿関節が浅く、大腿骨がしっかりはまらない疾患です。大腿骨はしっかりはまらなくても、周りを強靭な靭帯で繋がれている為、脱臼して足がブラブラ…という事態にはなかなかなりません。しかし溝から関節が外れやすいことで痛みを生じますし、炎症を起こして関節炎になり更に痛みを生じることもあります。子犬でこの疾患が発見された場合、しっかりと骨格が成長しきるまで(柴犬の場合一歳過ぎまで)経過を見て、成長してからの手術をお勧めします。成長の過程で手術をしなくても日常生活を送れる子も多数いる為です。

 

 

基本ですが…

フィラリア症予防

フィラリア症予防はしっかりと行いましょう。フィラリアは蚊が運ぶ寄生虫で、一度かかってしまうと体内から撲滅するのはなかなか難しい寄生虫です。
蚊の出始める春先から秋までフィラリア予防をすれば良いとされていますが、近年は冬でも蚊が出る地域があるので一年中予防してしまうこともおススメです。
沖縄など暖かい地域は一年中の予防が必須であると言えます。
フィラリアの投薬を行う前は、血液検査をしてフィラリアに感染していないかチェックします。フィラリアに感染した状態で予防薬の投薬を行うと、体内にいるフィラリアが死に、死んだ虫が血管に詰まったり、虫の死骸の出す毒素によって犬がショック状態に陥る場合があるからです。健康診断の血液検査も兼ねて、一年に一度は検査をしましょう。

 

ワクチン接種

義務である狂犬病の予防接種はもちろん、毎年ワクチンの接種は欠かさず行いましょう。
ワクチンに含まれる疾患は、人間にも感染する疾患もありますし、万が一他の犬とトラブルになった場合に被害を最小限に食い止められます。

 

柴犬の寿命

柴犬の寿命は、長くて13歳位です。
室外飼いの場合には、室内飼いに比べて寿命が短いと言われています。
比較的身体が強く病気をし辛い犬種であると言われていますが、5,6歳を過ぎたら半年に一回の健康診断をお勧めします。

 

柴犬は犬種の特徴をつかんであげれば、日本の環境に合いとても飼いやすい犬種です。
その子その子で色々な性格がありますので、自分の子はこういった性格のはず…と決めつけないで臨機応変に接してあげてください。
上手く付き合えば、柴犬は家族思いで忠実な最高の家族になってくれるはずです。

 

愛犬の口のニオイが気になったら後回しにせずに原因をわかっておきましょう。
⇒犬の口が臭い!